鉢植えフルーツ(果物)の栽培方法   ホームへ



 果樹は、落葉樹と常緑樹に大別することができます。
最初は落葉樹の栽培方法について、次に常緑樹の栽培方法について記載します。

◎落葉樹の栽培方法

 ●苗木等の植え付け、又は、植替えの時期
  11月〜3月が最適期。鉢に植えてから4年目に入る前に植替えを行います。年数を経て、鉢の中が根
 でいっぱいになると、鉢植えをした初期にあった鉢土の有機物等が微生物等により分解され、養分として
 根によって吸収されたことにより、鉢土の量は減り、保水性、保肥性、通気性の機能が減少します。した
 がって、長年、植替えをしないと、木に勢い、元気がなくなり、病気にかかりやすくなったり、枯れやす
 くなります。


 ●植替え時の根の整理
  同じ鉢に植えてから長年たった場合の植替えは、原則として古い根を3分の1切り詰めて、3分の2を
 残すことですが、我が家では古い根を半分切り詰めて、半分を残すことも行っています。


 ●植え付けに使用する鉢
  鉢を選ぶことは大変重要なことです。選び方を間違えると大事な果樹が枯れてしまうことがあります。
  選択の重要ポイント 浅鉢を選ぶか? 深鉢を選ぶか? 
  浅鉢の特徴・・・鉢の中の用土が乾きやすい。従って、根が過湿を嫌う果樹に向いている。
          桃、洋梨、、梨、りんご、ビワ等は過湿を嫌う性質なので浅鉢の方が良い。
  深鉢の特徴・・・鉢の中の用土が乾きにくい。従って、根が乾燥を嫌う果樹に向いている。
          さくらんぼ、ブルーベリー、ポポー、柿、キウイフルーツ等

  次は鉢の材質を考える
  鉢の材質で、素焼鉢は鉢土が乾きやすく、プラスチック・陶磁器の鉢は鉢土が乾きにくい。

  鉢の種類等(浅鉢・深鉢等)と果樹の根の性質(乾燥・過湿の適否)の組み合わせを間違えて、何度も
 枯らしてしまったことがありました。

  組み合わせの失敗例として、梨の話をしましょう。
  梅雨時は屋根がある場所に置かないかぎり、毎日、鉢土が乾かない状態で雨が降り、常に土が湿りがち。
  浅鉢と深鉢を比べると深鉢の方が過湿状態から適湿状態になるまでに時間がかかり、過湿状態が長く続
 くことになります。
  梨の豊水と幸水を深鉢に植えて数年たつた時、梅雨が終わった頃に元気がなくなり、夏の終わりに2本
 とも枯れてしまいました。梨の根は他の果樹より過湿に弱いのです。梨を深鉢に植える時は、植材と水や
 りに細心の注意が必要です。

  浅鉢の使用例
  我が家で使用しているプラスチック浅鉢:直径46cm、深さ19cm。他のプラスチック鉢と比べて、弾
 力性があり、長年使っても割れにくい優れ物。100円ショップで105円で購入。ただし、今は採算が合わな
 いためか販売していません。
       

  深鉢の使用例
  我が家で使用しているプラスチック深鉢:写真一番手前の鉢、直径42cm、深さ42cm。
              


 ●植え付けに使用する用土等
  赤玉土中粒3分の1、鹿沼土中粒3分の1、バーク堆肥3分の1を混ぜたものを使用(腐葉土よりバー
 ク堆肥の方が長持ちするのでバーク堆肥を使用している)。鉢底に赤玉土大粒又は軽石大粒を深さ1.5cm
 ほど最初に敷いておく。鹿沼土とバーク堆肥は乾燥すると風で吹き飛ばされてしまうため、鉢土の表面は
 赤玉土のみで、3cmの厚さに敷き詰める。最近はバーク堆肥の代わりに牛糞堆肥を使っています。
  ブルーベリー、パイナップルのような酸性土を好む果樹等には、バーク堆肥の代わりに無調整のピート
 モスを使用する。また、摘果した梅、杏の実を鉢土の表土に埋め込むと鉢土が酸性化します。ただし、こ
 れらの実が根に直接触れないように注意して埋め込む必要があります。


 ●水やり(収獲ができる成木の場合)
  5月から9月下旬までの間で樹に果実が生っている期間は、鉢土の表面が完全に乾ききる前に、鉢土の
 表面の一部分が乾き始めたら鉢底から水がジャポンジャッポン出るように十分水をあげます。水はけの良
 い鉢土を使用することが絶対条件です。果実が樹に生っている時期は、樹自身の生長のほかに果実を成長
 させるための水分を必要とするため、果実が生っていない時期よりも多く水を供給してあげる必要がある
 のです。このため、収獲が終わったら、収獲前よりも水の供給は少なくてすむので、鉢土の表面が全部乾
 いてから水やりを行います。
  市販されている果樹栽培の本の中には、『鉢土の表面が乾いたら、水をやる』と書かれているものがあ
 りますが、鉢土の表面がどのくらい乾いたら水をやるのか、良く解りません。
  樹に果実が生っている期間に鉢土の表面が全部乾いてから水やりすると、ジューシーな果実を収獲でき
 る確率が、とても低くなります。サクランボにいたっては、収獲することさえ、できないこともありえま
 す。長年の栽培経験から学びました。
  10月から4月までは、鉢土の表面が全部乾いていても、鉢土の表面から下へ1cmほじくって湿って
 いれば水はあげない。鉢土の表面から下へ1cmほじくって乾いていたら鉢底から水がチョロチョロと出
 るくらいに少し控えめながら十分水をあげます。
  夏場(7〜9月)の水やりは夕方に行います。日中の最高温度の時に、根を過湿状態にしないためです。
  夕方に水やりをすると、根の周りの余分な水分は夜のうちに、鉢土から流れ出て、日中の最高温度の時
 には、根の周りに多くの空気層ができています。この多くの空気層が断熱効果をもたらし、高温から根を
 守ってくれるのです。
  冬場の水やりは午前10時から午前中までに行った方が良い。凍害から根を守るためです。
  上記の『●植え付けに使用する鉢』で説明した鉢の選択により、水管理が楽になります。


 ●水やり(収獲ができない幼木の場合)
  5月から9月下旬までは、鉢土の表面が全部乾いたら鉢底から水がジャポンジャッポン出るように十分
 水をあげます。水はけの良い鉢土を使用することが絶対条件です。
  その他の時期の水やりは、成木の場合と同じです。


 ●施肥
  肥料は有機肥料を使用した方が無難です。少しくらい多めに与えても枯れることは滅多にありませんが、
 化成肥料は少し多く与えると枯れてしまうことがあります。

  果実が生らない幼木の時期は原則として、一回に与える肥料の量は少量にして、与える回数を多くしま
 す。潅水するたびに鉢底から水と一緒に肥料成分が流れ出てしまうので、与える回数を多くして補充しま
 す。3月から11月までは毎月1回与えていますが、夏場の施肥は控えたほうが無難です。肥料が強すぎる
 と花芽分化に悪影響があります。また、根は、あまり暑すぎる時期は活動がにぶります。
  12月から2月までの冬場も、寒くて根の活動がにぶるので施肥はしません。

  果実が生り始めたら、施肥は1年間に2〜3回とし、幼木の時期より回数を減らして、1回に与える量
 を増やします。量を増やすということは、有機肥料を使うことになります。
  秋に(秋に収穫するものは収穫直後に)1年分の肥料の半分以上をあげてしまいます。次に3月にもう
 1回、前回の残りの分の肥料を与えます。樹勢が弱い、葉の大きさ・色・艶が良くない場合は、数回に分
 けて少量の肥料を与えます。
  
  着果している期間は、あまり肥料を与えない方が良い。その理由は、窒素成分を多く含んだ肥料を与え
 ると、葉の中の窒素濃度が高くなり、この結果、果実の糖度上昇が抑えられる現象が起きるからです。
  また、他の肥料成分によっても果実の味に悪影響がでるからです。


 ●高品質の果実を収穫するために
  葉で生成される養分は果実等に蓄積されます。1個の高品質な果実を収穫するためには、前提条件の一
 つとして十分陽が当たる一定以上の葉の合計面積が必要になります。
  果樹栽培の本等には『果実1個当たり、○○枚の葉が必要』と書いてありますが、概して、葉の枚数だ
 けに注目しがちですが、基準となる葉の大きさにも注意が必要です。基準となる葉の大きさは、健康に育
 った成木の葉を基準にして
書いてあるものが一般的です。
  重要なことは、基準となる葉の大きさに比べて、自分が栽培している果樹の葉が、仮に、長さが1/2、
 幅が1/2だったとすれば、『果実1個当たり、○○枚×4倍の葉が必要』ということになります。
  この例からもわかるように、鉢植え栽培で、高品質な果実を多数収穫しようとすると、必然的に大きな
 樹形が必要になり、鉢植え栽培では、鉢の大きさ等の制限があるので、あまり大きな樹形にすることはで
 きません。また、鉢土の量によっても、高品質の果実の収穫数は制限されます。
  鉢植え栽培で、樹形をコンパクトサイズにして高品質の果実を収穫したいのであれば、結果数を少数に
 することです。


◎常緑樹の栽培方法

 ●苗木等の植え付け、又は、植替えの時期
  4月、5月が最適期。鉢に植えてから4年目に入る前に植替えを行います。年数を経て、鉢の中が根で
 いっぱいになると、鉢植えをした初期にあった鉢土の有機物等が微生物等により分解され、養分として根
 によって吸収されたことにより、鉢土の量は減り、保水性、保肥性、通気性の機能が減少します。したが
 って、長年、植替えをしないと、木に勢い、元気がなくなり、病気にかかりやすくなったり、枯れやすく
 なります。


 ●植替え時の根の整理
  同じ鉢に植えてから長年たった場合の植替えは、原則として古い根を3分の1切り詰めて、3分の2を
 残すことですが、我が家では古い根を半分切り詰めて、半分を残すことも行っています。


 ●植え付けに使用する鉢
  鉢を選ぶことは大変重要なことです。選び方を間違えると大事な果樹を枯らしてしまうことがあります。
  選択の重要ポイント 浅鉢を選ぶか? 深鉢を選ぶか? 
  浅鉢の特徴・・・鉢の中の用土が乾きやすい。従って、過湿を嫌う果樹に向いている。
          フェイジョア、ドラゴンフルーツ等は根が浅く張り、過湿を嫌う性質なので浅鉢の方
          が良い。
  深鉢の特徴・・・鉢の中の用土が乾きにくい。従って、乾燥を嫌う果樹に向いている。
          柑橘類の根は乾燥を嫌うので深鉢のほうが良い。

  次は鉢の材質を考える
  鉢の材質で、素焼鉢は鉢土が乾きやすく、プラスチック・陶磁器の鉢は鉢土が乾きにくい。
  

 ●植え付けに使用する用土等
  落葉樹の『植え付けに使用する用土等』と同様。上記参照。


 ●水やり
  落葉樹の『水やり』と同様。上記参照。
  上記の『●植え付けに使用する鉢』で説明した鉢の選択により、水管理が楽になります。


 ●施肥
  上記の落葉樹の施肥を参考。


◎個別のフルーツ栽培方法

 ●ドラゴンフルーツ




                    ホームへ