詩人のつくる詩集サイト・加藤彰仁原稿用詩





本文へジャンプ
 トップページ

 ・詩


      【あした】
     
     
     交わる2本の直線は
     
     交点を境に無限に
     
     永遠に離れていく
     
     これは詩でも日々でもなく
     
     単純な幾何学なのだそうだ
     
     
     まだおれがずっとむかしのころ
     
     あしかみたいにおよいでいた
     
     それからだんだんと
     
     わすれていったおよぎを
     
     ほんもののうみでおそわった
     
     なまぬるいしんこきゅう
     
     おれしぬかとおもった
     
     いまのまえにあったいまも
     
     いまのうしろにあったいま
     
     あしたはあしかみたいにおよいでいく
     
     
     
     
     
     
     pdfあしたの詩原稿用紙:あした
     AKIYOSHI KATO

詩について
■学校での授業・中学校朗読詩としてもご使用頂いています。

個人のみでの利用や広く学校活動等では、ご自由に詩はお使い下さい。
但し、著作権は加藤彰仁にありますので、著作の明記が必要になります。
商業利用・二次配布等の無断使用・転載は禁止しています。

information

矢印案内詩人のつくる詩集ブログ:詩の楽しみをもう一度あなたへ

contactCONTACT:詩の使用についてのお問合せはこちらから



トップページサイトマップブログ相互リンクCONTACT書籍案内 
 Copyright (C)2010-2014 AKIYOSHI KATO All rights reserved.