トップページへ戻る
●目的

TRIO(Transplant Recipients International Organization)は 1983年米国ペンシルバニア州ピッツバーグにおいて、移植を受けた人々 (レシピエント)の小さなグループとして始まりました。創始者故ブライアン・リームスは心臓移植を受けようと待ち続けている間に、孤独と恐怖や不安にさいなまれた経験から、移植を待つ人、移植を受けた人、その家族の支援団体を作ろうと考えたのです。このグループの主な活動は、移植者自身やその家族が直面する様々な問題について、お互いに助け合おうというものでした。

トリオ・ジャパンはTRIOの日本支部として1991年2月9日に設立されたもので、胆道閉鎖症のために肝臓移植を待ちながらオーストラリア・ブリスベンで亡くなった水谷公香ちゃんの募金残金を「トリオ・ジャパン公香ちゃん基金」として出発しました。

●活動

トリオ・ジャパンでは移植医療を広く社会に定着させるために、移植者が中心となって、講演やセミナー等、活発な啓発活動を行うとともに、ファミリー・コーディネーターを育成して、患者及び家族に対する移植手術前、術後のサポート、また、移植について講師の派遣・研究の請負などを行っております。多くの皆様のご指導とご協力をお願いします。

なお、移植にまつわる様々な悩みをかかえている方は、事務局までご連絡下さい。ファミリー・コーディネーターがご相談を承ります。

トリオ・ジャパンは非営利団体です。皆様からのご支援によって支えられています。当会の趣旨にご賛同いただける方はどなたでも入会できます。会員の方には行事の案内や会報などをお送りします。詳細は事務局までお問い合わせください。