ビジネス・チャンス

      いまどき、気軽なお気に入り異業種交流会のお得なおまかせ、こだわりビジ・ネタ提案・情報源
      ちょっとした、気になるうわさのお気に入り、おすすめのきっかけBiz Line and Buzz Lineの
      口コミのビジネタ & つながる話題クチコミバズ情報源効果
異業種交流会 最新ニュース 
      Business Chance 
ビジネス・チャンスのプレゼンテーション、バズ・カフェ参加コーナー
              



      Biz Line and Buzz Lineうわさのアカデミック・ビジネス交流会 気になる、
      お得な いまどき おまかせビジ・ネタ情報話題のおすすめお気に入りビジ活・ネタ・
      口コミバズBuzz情報『いまどき』 テクニック・人気サイト高感度のつながる情報
      発信お気に入り口コミ バズ 『Buzz』 情報は鮮度が高くないと効果は出ません。
      クチコミ バズ・ビジネスつながるうわさの話題情報効果の鮮度が新鮮かつ高質で
      在れば在る程、企業パートナーのビジネス・チャンス情報源はプレゼンテーション
      でバズ・カフェ宣伝効果先取りです。


    
   ヒント and Key、ちょっとしたビジネスの気になる口コミ情報

Integrity東京ベンチャークラブ

                                                    東京ビジネス交流会の参加画像風景は=>> 

                                                                                                             

         中小企業のビジネス情報テクニック・異業種交流会お得なお気に入り口コミ バズおまかせ情報ビジ・ネタ情報効果のプレゼンテーション
         のビジネスチャンスのご案内

 ホーム
 バナーリンク
 開催・風景・画像
 参加ルール
 at 東京・渋谷
 at 表参道・青山
 参加者の声
 カレンダー
 ビジネス・チャンス
 at 東京・六本木
 ワールド・カフェ(World Cafe)
 お問合せ・コンシェルジュ


  
気軽な・わけありな口コミ効果バズBUZZ情報を発信し続けるとお気に入り話題情報源が集まってくるニュース
  発信Buzzのつながる・気になるおすすめのバズ・カフェ サイト話。

   うわさの、つながるお得な口コミバズ情報話題収集・わけあり集客効果のBizアカデミックなテクニックなる
   話をいたします、、、。

 
  先ず、ビジネス交流での仕事の情報・業界の口コミバズ・ビジネタ Line情報効果は簡単には名刺交換
   のみだけでは集客獲ることは困難です。
   自分がそれらの情報を初対面で教えずに他人からお気に入りの気になる本音お得な情報を引き出そうと
   しても無理だと言う事です。
   即ち、相手は警戒しているからです。
   誰だって、貴方だってそうでしょう!
   初対面でも腹を割っての本音会話バズネタからが出発点です。
   イノベーション・ソリューションのリーダーでのビジネス交流の出発点は自分からの情報発信効果
   Buzz・Cafeにあるからです。


           ディジタル・アソシエイツ小池さん

 
                                                シー・スリー・コーポレーション(渡邊)
                       (株)ズイット日沖さん


ビジネス達人 水谷哲也さんのURL
http://www.asahi.com/shopping/column/busitatsu/TKY200905310054.html

気軽な異業種交流会、うわさの気になるお気に入りのお得な情報収集力集客アップの鉄則はBiz Line and Buzz Line 『ビジ活・ネタ』口コミ バズ情報
発信からの抜粋です。


    『異業種交流会 最新ニュース ビジネス交流会 東京ベンチャークラブ からの勧め』 は 口コミバズ情報 『ビジ・ネタ』


   出来る、アカデミックBizz・ビジネスマンには、まず必要なのはユビキタスなうわさのお得な口コミバズBuzz話題情報収集力・集客力です。
   逆説的ですが情報収集には口コミバズ情報発信・プレゼンテーションがかかせません。
   社外勉強会やBizz・ビジネス情報交流会を有効に活用して情報収集力を磨きましょう。
   気になる、口コミバズ『ビジ・ネタ効果』お気に入りうわさの話題の情報源も商談会集客交渉等にも大きな要素を含んでいます。



  情報源を発信し続けると欲しい情報が集まってくる、、『ビジ・ネタ』 口コミバズネタ情報獲得の鉄則のプレゼンテーション
  Biz 『ビジネス・企業コラボレーション・情報ビジネス交流会 東京ベンチャークラブとは・・・』

    情報収集の鉄則は情報発信です。面白いもので、わけありビジ・ネタ情報発信をすればするほど欲しい情報が集まって来るというのです。
    皆さんも情報を見つけた時、「そういえば、あの会社の営業マンはこんな話題Buzzのうわさの情報を欲しがっていたな」と思い出す時は
    ありませんか。
    これは常日頃から、こんな情報が欲しいとアピールしていたのを覚えていたからです。


    以前、情報発信する方法は本を書いたり雑誌に執筆したりと、個人で行うのが難しいものに限られていました。
    ところが、現在ではインターネットでのwebとかメルマガやブログ等様々な情報発信ツール等で集客方法があります。
    せっかくの情報を自分だけのものにせず、是非ぜひ発信・発表してください。
    Web2.0のキーワードの一つに「集団の英知」という言葉がありますが、知的生産した情報が発表・発信されれば、それを
    刺激にして新たな知的生産が行われクチコミバズBuzzお気に入り情報が増殖し、どんどん情報の輪が広がっていきます。



     話題の情報感度の高いわけあり人とつきあう 『中小企業生き残りソリューション・ビジネス交流会』

     話題情報発信のために有効なのが社外勉強会やBiz異業種交流会です。会社という組織を離れ、自ら能動的に活動する情報
     感度の高い人が多く集まってきます。最初からいきなりは無理ですが、勉強会などの後に開催される交流会に積極的に参加
      し、仲良くなった仲間に自分が探している、うわさのテーマなどを伝え、アピールして知って頂く事が大切です。

     忘れてはいけないのがギブ and テークの精神です。いただいた情報のおかえしは情報でします。またテークについては気にせず、
    ギブ and ギブの精神
でやっていると不思議とテークが多くなります。そのうち全然違う業界の人から「えっ、こんな情報が」という
     情報が飛び込んでくるようになります。しっかりキャッチしましょう。


     ビジネス交流会で獲るだけを考えて参加し、ここはうわさの情報が無いと他の交流会へ行く人がいますが、その様な考えでは何処
     に行っても結果は同じですので名刺交換しても同じ結果しか得られません。



      先行きの見えない不景気の中、企業はイノベーションなしでは勝ち抜き渡り歩く事は不可能に成ってきています。
     ともかく、やり方の見直し、情報の見直し、古い方法は捨てて新しい仕組みを考えて効率よく考える事が必要です。
      
”湯で蛙現象” (社内オフィス習慣病)に成ってしまっては遅く死んでしまいます。
        筆者がIBM社員当時何十年も前から社内で口すっぱく指導されたのがこの湯蛙現象です。
        
要旨は「2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。
        すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する」というものである
      

     
 昔ながらのシキタリから早く脱出することが必要です。
      生活習慣病たる、ビジネス習慣病から早く脱出を試みる事です。それは上司たる者が率先してリードして行く事にあります。

     面白い例を参考にして下さい。
     ある時、私が昔のある会社に所属していた仕事連中と食事を交わす事となり、後日20名近くの連絡先表を作成してe-mailで送付しました。
     ところが、誰一人受け取りましたと返事のメールの返信が無かったことでした。
     仕事が無い・景気が悪い・売れない・集客できない、仕事があれば紹介して欲しい、、、、とボヤイテいましたが、自分達から率先して前に
     出ようとしてないのです。
     仕事は相手から来るものと思っている人がいます。営業基本たるルール作法と訓練を全く認識してないことなのです。
     一日8時間会社に居れば少なくともお金が入る、、、(特に公務員関係に多いが、、)
     ここ15年前当りから、インターネットの環境に大きく変ってきています。伝達手段に電子メールの使用も不可欠になりました。
     (しかし、電子メールを保持しているにも関らづ未だに紙と鉛筆とFAXと電話だけでビジネスをしている方々がいます。)
   『余談ですが、その様な人に限って名刺サイズは、縦書き・明朝体・大きく・厚い』

     電子メールを受信しても返信をしない人がいます。何故、メールを受け取った後の挨拶をしないのでしょう!
     社内がその様な会社ビジネス習慣病に陥っている事なのです。通常の社内の仕事の見直しをする事が必要です。

    何の気なしにそれらの行為が社内では当たり前と思い込み改善をしないことです。
     湯蛙に私もならないように常日頃から心がけることとします。



    日本人のお気に入り習慣
     公園でベンチに腰かけると不思議な現象が在ります。これは日本にだけ在る現象です。
     それは、隣にまた ”同じベンチ” が横に並んで設置しているからです。これらは日本人は誰も可笑しいではないかと気付きません。
     それらは昔から普通になっていることなので気が付きません。そんな事は行政が考えればよい事で必要ないと誰も言うのです。
     何故でしょう!
     昔からそのやり方は自然そのものなのです。そこからの脱却が必要です。生活習慣病なのです。
     折角のプライベート散歩であるにも関わらず隣のベンチに見知らぬ人が座っていたのでは気が休まりません。
     すなわち、隣のベンチをもっと何十メートルも離して設置をして頂きたいものなのです。勿論隣に設置しても話ができて楽しいでは
     ないかと意見もあります。
     大昔からこの様なシキタリが日本人にはネズよく未だに残っているのです。
     今は問題ないので大勢にも影響は無いと判断をしてしまい気が付いた時には手の付けられない状態と化していることが多いのです。
     ゆで蛙現象なのです。

     現状のシキタリ・状況から抜出すことが重要なポイントなのです、IBM社内で使われている ”Break Through” 打ち破って前に進む。
     絶えず、現状に満足をしないで状況に対して進化をして行く事が必要となるのです。



  人からの気になるビジネスうわさのクチコミバズ話題の情報源 情報獲得はお気に入りジャスト・イン・タイムを心がける with  『ビジネス交渉時の情報鮮度』

      情報が飛び込んできたら、即座に獲得し自分の財産にします。必要な時に必要な情報を手に入れるジャスト・イン・タイムを心がけましょう。
      なぜなら情報には
鮮度ビジ・ネタ情報というものがあるからです。そういう新鮮な情報を手に入れるには、まだ文字になる前の人からの口コ情報
      
オススメです。なので、こうした人とのネットワークを生かした情報収集方法の重要性が高まっているのです。
      そうして手に入れた口コミ情報源は忘れないうちにメモします。紙切れ端にメモしただけではやがて忘れてしまいます。

    
  カードやA4の紙など統一したフォーマットに、1枚1要件で書き写しておきます。デジタル化もできればよいですね。
      ビジネス交流会の東京ベンチャークラブに参加した方が、その方法で口コバズ『ビジ・ネタ』情報を獲得しております。


  東京ベンチャークラブでは、BtoB系の情報ビジネス交流会です。
当ビジネス交流会は、他会社の方達と名刺交換を通してお互いの携わっている仕事の情報交換・交流や仕事の情報収集の目的で開催
しております。
営業の方から、SOHOや起業を考えている方や会社経営、役員また人材系、アパレル営業系、店舗経営系、IT関連系、医者、弁護士、
司法書士系、一般会社員系、公務員、行政書士、地域活動等の方々が参加しております。


問合せ
concierge desk

東京ベンチャークラブ・ブログRev. 1234